口腔内スキャナー・スキャンデータのこと

口腔内スキャナーのメリットやデメリットについてまとめました。 メリット 患者様のご負担軽減 従来法の印象(型取り)では、印象材を口にいれる為、時間もかかり手間も多いものでした。 口腔内スキャナーはコンパクトなヘッド部分(ワンド)で光学スキャンするので、 嘔吐反射のある患者様でもストレスフリーに治療を受けられます。...
口腔内スキャナー(Intraoral Scanner:IOS)には「見えない部分はスキャンできない」という特徴があり、一般的に0.5㎜以上の縁下マージンの撮影は困難です。またコンタクト付近などはIOS本体(ワンド)の先端が歯牙にあたる為、撮影が難しいことがあります。...

口腔内スキャナー(IOS)ではフルアーチなどの広い範囲を撮影すると、スキャンデータが変形しやすくなります。 データが変形すると歯牙の位置関係が変わってしまい、補綴物がデジタル上で正確にデザインできなくなります。 そこでアーチがたわまず、歯牙の位置関係(特にブリッジ)を正確に再現する為「スキャン経路」を意識して撮影していきます。...
当社で対応しているスキャンデータの形式はSTLとPLY形式となっております。 口腔内スキャナー(IOS)の症例をご送付の際は、このどちらかの形式に変換もしくは出力していただく必要があります。 各スキャンデータ形式の特徴 ・STL形式(拡張子.stl):汎用的。カラー情報はなし ・PLY形式(拡張子.ply):カラー情報を含む...