· 

ソケットリフト法とサイナスリフト法の違い|インプラントにおける骨移植シリーズ第二回目

 インプラントにおける骨移植6種類を、ブログ記事5回ほどに分けてご紹介する予定です! 

第二回目は『ソケットリフト法とサイナスリフト法』

 

治療の目的はどちらも、上顎の骨の厚みが薄いから上顎洞(サイナス)に骨移植するということ。

では違うところは?

比較の為、各治療内容を下記します。

 

ソケットリフト法

 

・骨の厚み最低3mm以上

・一歯程度などの小さい範囲

の状態でソケットリフト法は行われる。

歯の生えていた部分(抜歯時はその穴)から骨移植の手術をする。歯槽骨の厚みを1mm程度残して穴を開け、マレット(ハンマー)で歯槽骨及びシュナイダー膜(上顎洞粘膜)を押し上げる為、ソケットリフト法と呼ばれる。

ある程度の厚みがあるのが前提の為、骨移植と同時にインプラント埋入が行われる。

治療期間があまり長引かないこと、範囲が小さめなのでサイナスリフトと比べると体への侵襲度(負担)も少なく済む

 

 

【 治 療 の 流 れ 】

抜歯後(ブリッジになったポンティック部)骨吸収が進行

歯槽骨の厚みを1mm程度残して穴を開ける。

(図はブリッジのポンティック部分を切り、インプラント埋入を予定している)

 

穴からマレット(ハンマーのような物)で歯槽骨及び

シュナイダー膜(上顎洞粘膜)を押し上げる。

この為ソケットリフト法と呼ばれる。

骨移植と同時にインプラントを埋入。

この状態で骨が定着するまで3ヶ月ほど置いてから上部構造を装着する。

 

サイナスリフト法

 

・骨の厚みが3~5mm以下

・多数の歯が欠損している(広範囲にわたる)

状態で、サイナスリフト法が行われる。

範囲が広い為、側面から歯槽骨に窓を開けて移植骨を入れる手術となる。

骨が薄くインプラントの固定が難しい為、骨移植と同時にインプラント埋入は行わない。骨移植後3~6ヶ月待ち、移植骨が安定してからインプラント埋入。

上記の理由から治療期間がソケットリフトよりも長くなる

 

 

 

 

 【 治 療 の 流 れ 】

広範囲にわたって、抜歯され骨吸収が進行した状態

上顎側面の歯肉を切開し骨面を露出させる。

10~30mm程の窓を歯槽骨にあけるとシュナイダー膜が露出する。歯槽骨からシュナイダー膜を剥がしてスペースを作る。

先程の窓から移植骨を入れる。

この状態で3ヶ月以上骨が安定するのを待つ。

 

骨が定着したらインプラント埋入。

その後、様子を見ながら最終的に上部構造を装着。

 


 

こうして比較してみると、同じ上顎骨の骨量を増やす骨移植でも、範囲によって治療方法が違うことがわかりますね!

 

 

インプラントにおける骨移植シリーズ

>> 第一回 GBRとGTRの違い

>> 第三回 ソケットプリザベーションについて

>> 第四回 ブロック骨移植について

ンプラント関連のブログ記事↓

>> インプラントステントとは

 

スキャンデータでのご依頼について

>> 口腔内スキャナー(IOS)症例のご依頼方法

ご相談・お問い合わせ

>> お問い合わせ

 

SNSもよろしくお願いします

Instagram kouseishiken 

Twitter    KouseiShiken