· 

第四回 ブロック骨移植について

第四回目は『ブロック骨移植』

  

GBR法では骨量が不十分な場合に用いられ、骨をブロックで切り出して移植する骨造成法。

移植骨は主に、下顎奥歯の下の下顎枝や、上顎の親知らずの奥の上顎結節部より採取するが、人工骨を使用する事もある。

前歯部に施す場合ベニアグラフト、臼歯部に施す場合オンレーグラフトと呼ばれたりもする。

 

手術して約6ヵ月後に移植骨が定着し、インプラント埋入が可能。骨移植と同時にインプラント埋入が行われることもある。

 

デメリットとしては、

・自家骨使用の場合は、自家骨採取による手術侵襲が大きい

・人工骨などを使用する場合は、高い治療技術が必要。また治療費が高額になる

・移植骨が安定しなかったり、感染などにより再治療となるリスクがある

ことである。

 

【 治 療 の 流 れ 】

本来あった骨の厚みがなくなり、骨吸収が進行した状態

移植骨をブロック状に切り出し、骨量が不足した部位にピンで固定する。

骨補填材や自家骨などで隙間を埋め、メンブレンなどで覆う。

(骨移植と同時にインプラント埋入される場合もある)

約半年ほど移植骨が定着するのを待ち、インプラントを埋入する


インプラントにおける骨移植シリーズ

>> 第一回 GBRとGTRの違い

>> 第二回 ソケットリフトとサイナスリフトの違い

>> 第三回 ソケットプリザベーション

>> 第五回 仮骨延長法(ディストラクション)

ンプラント関連のブログ記事↓

>> インプラントステントとは

 

スキャンデータでのご依頼について

>> 口腔内スキャナー(IOS)症例のご依頼方法

ご相談・お問い合わせ

>> お問い合わせ

 

SNSもよろしくお願いします

Instagram kouseishiken 

Twitter    KouseiShiken