· 

保険の銀歯が全身に及ぼす影響~歯科材料|歯科鋳造用金銀パラジウム合金~

保険適用のため歯科治療においてよく使われる銀歯

しかし様々な健康を害すリスクがあることから、海外ではあまり使用されないようになっています。

そもそも「銀歯」とはどのようなものでしょうか?


銀歯(歯科鋳造用金銀パラジウム合金)の成分

銀       50%

パラジウム   20%

銅       16%

金       12%

その他       2%


銀歯といっても、上記のように様々な金属を含み、腐食しやすい銀の耐酸性を補うため金、銀の脆さを補うためパラジウムを混ぜています。この銀歯(歯科鋳造用金銀パラジウム合金)に含まれる、パラジウム・クロム・インジウムなどが特に健康障害を起こすリスクがあります。

 

金属アレルギーといえば、皮膚にアクセサリーなどの金属が触れ、汗に金属イオンが溶出し発症(皮膚が荒れたりなど)するというイメージがあると思います。口腔内は常に適度に高温で湿り気があり、噛む力や食品による口腔内の酸化などの影響を受け、金属がより腐食しやすい環境にあります。そして腐食・蒸発した金属(金属イオンなど)は体内に吸収・蓄積されて金属アレルギーだけでなく、全身に健康障害を引き起こす可能性があります。

 

 

【銀歯の全身に及ぼす影響】


◇メタルタトゥー・歯周病・二次カリエス

銀歯から溶出する金属イオンにより歯茎が黒くなるメタルタトゥーになったり、歯周病になりやすくなります。また歯茎に接していないインレーであっても歯そのものを痛め虫歯になりやすくなるリスクがあります。また歯周病により様々な全身疾患のリスクを高めることにもなります。

 

金属アレルギー

銀歯に含まれる様々な金属がアレルギーを引き起こすリスクがあります。特にパラジウムは金属の中でもアレルギーの感作率が最も高い金属です。ドイツなどの医療先進国ではパラジウムが体に与える悪影響を考慮してパラジウムフリーの金属の使用を強く推奨しており、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と水銀、銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を、保健省から歯科業界へ行っています。 

金属アレルギーの症状は内臓を含む全身に影響を及ぼし、肩こり・頭痛・腰痛・ぜんそく・めまい・耳鳴りといった症状から、アトピー性皮膚炎・湿疹といった皮膚症状まで多岐にわたります。

 

発がん性のある成分を含む

ニッケル・クロム・インジウムなどの発がん性の恐れのある成分を含み、ドイツなどの医療先進国では使用が禁止されています。先進国の中では日本だけが、現在でも治療の歯科材料として使用し続けられています。

 

ガルバニー電流(ガルバニック電流)が起こることも

銀や金などの、非金属・貴金属が同時に口腔内に複数存在する場合に起こりやすく、金属間の電位差で電流が走ってビリッと感じたり、不整脈・頭痛・舌痛・味覚障害などを起こすことがあります。金属アレルギーからガルバニー電流の症状がでる方もいます。

またガルバニー電流が発生した場合、金属が錆びやすくなります。セラミック性など金属以外のものにするか、同じ種類の金属に統一することで解消。


このようなリスクのある銀歯ですが、

・保険治療の為、費用が安価

・どこの歯科医院でも治療が受けられる

・定期健診・日頃のメンテナンスによって虫歯・歯周病などはある程度防げる

等のメリットもあります。

 

当社では保険金属の歯科材料だけでなくCAD/CAM冠やジルコニア等、金属以外の補綴物も取り扱いしております。お困りの際は是非ご相談ください。

>> 取り扱い製品

 

フルジルコニア

ジルコニアポーセレン

e-max

CAD/CAM冠(6前歯/単冠)


ご相談・お問い合わせ

>> お問い合わせ

スキャンデータでのご依頼について

>> 口腔内スキャナー(IOS)症例のご依頼方法

 

おすすめブログ↓

>> インプラント関連のブログ一覧

>> 口腔内スキャナー関連のブログ一覧

 

SNSもよろしくお願いします

Instagram kouseishiken 

Twitter    KouseiShiken